アプリから紙の地図に変えた事で旅行が一層楽しくなりました。

以前はアプリの地図を使っていました。

旅行の時、私は携帯電話のではなく紙状の地図を持ってあちこちを探索します。なぜ携帯電話のじゃないかと言うと「なるべく電池を持たせたいから」です。

ちょっと前までは出張などで頻繁にアプリなどを使って取引先の場所を調べたり打ち合わせを電車の移動中にもしていたのですが、あまりにも電池の消耗が早くて困っていました。

それでも仕事用事のない旅行であるなら、そんなに頻繁にアプリとか使って消耗する事はないだろうと思っていたのですが冷静に考えてみたら旅行時も仕事の出張と同じように趣味のアプリとかを触っている事に気づきました。

紙の地図は不便さも楽しい

それで電池の消耗をなるべく抑える為にせめて地図は紙のもので見ようと考えたのがいままでの経由です。紙は携帯電話の画面よりももちろん大きいですので見やすいです。また特にホテルが手作りで作った地図はぬくもり感があって、これが旅行の気分を大いに盛り上げる事も分かりました。

確かに手持ちがかさばるし、○○市などの全体マップは使いにくい場合はありますがその不便さもまた旅行ならではみたいで楽しいのです。(出張の時はさすがに地図アプリを基本的に使いますが。)

時々一緒に旅行する家内は、紙の地図を使う面白さを理解してくれないようですがこれからも紙の地図を大切にしながら旅行を続けるのでしょう。